2012年03月04日

今更…BIOHAZARD 5 (Xbox360)の感想;

ノロ亀並のスピードでお絵かきをしていたら、初回発売から3年以上も経過してしまいました!!
と、こんなことはよくある飛ぶ猫のらくがき帳…(汗;)
以下、2009年3月に発売されたBIOHAZARD 5(以下BIO 5)のプレイ感想をダラダラと語りますので、
ご興味のある方だけお付き合い下さい!!

BIOは、本編(0〜5、CODE:Veronica)の7作と外伝のアウトブレイクシリーズ2作をプレイ済みです。
基本、本編シリーズしかやってませんので、筋金入りの“BIOマニア”とは言えませんが、
飛ぶ猫のお家には、BIO専用機とも言える今は亡き機種(?!)ドリームキャストとゲームキューブがあり、
BIOのためだけに計5つのハードを動かしてきました。「(* v v)
まぁ、今ではその殆どが埃を被って鎮座しておりますが…
そうまでしてプレイしたいBIO!!そうまでして会いたい主要キャラとゾンビ達!!
特に今作BIO 5は、1stの主人公クリス・レッドフィールドの本編帰還ということもあり、
ついつい浮かれて、初回限定のメタルケース仕様を買っちゃいました( ̄▽ ̄=)♪

 

●頼れる背中
頼れる背中
太陽が燦々と降り注ぎ、青い空には白い雲。今までこんな目映いBIOがあったでしょうか???
BIOの屋外といえば、薄暗くてぼんやりとした月明かりのイメージしかありませんでしたが、
今作は、あまりにも眩しすぎて長時間プレイしてると目がチカチカしてきます。
おまけに、街の住人(寄生生物)は一見すると普通の人間となんら変わらない外見をしているので、
迂闊に近づこうものなら奇声を上げて猛スピードで突進してきます!!堪ったもんじゃありません!!
一度、弾薬温存のため前作シリーズで頻繁に活用していた“ゾンビ回避”で強引に進もうとしたら、
耳をつんざく怪鳥のような雄叫びを上げられ、遠くにいた仲間までも呼び寄せられてしまい、
ハンドンガンの弾のみならず、貴重なショットガンの弾まで使い切ってしまったことがありました(-_-;)
それ以降、遠距離攻撃を仕掛けてきそうな屋根の上や広場などで敵を発見すると、上の絵のように、
コソコソと狭い路地などに隠れて敵を観察するクセが付いてしまいました( ̄▽ ̄=)
こんな腰抜けクリス(飛ぶ猫)に、相棒シェバ(友人K)はさぞかしうんざりしていたに違いない(^_^;)
しかし、AIで行動するNPCのクリスは頼れる兄貴でした!!(^▽^)/

 

●Help
Help
ラクーンシティの住人がお淑やかな貴婦人に思える程、この街の住人はアグレッシブでエネルギッシュ!!
加えて彼等は、とってもフレンドリーなので直ぐに抱きついてくるんです!!モテモテですよ(笑)
XBOX360では、相棒がHELP状態の時、接近してBボタンを押せば簡単に救出することが出来るんですが、
初回で、殆ど説明書を読まずにプレイしていた飛ぶ猫は、そうとは知らず、
BIO 4の要領で地道に敵の足や手を狙い撃ちして助けようとしていました…(死;)
ちなみに、混戦状態ともなるとお互いが敵に掴まれ、「Help me!」「I need help!」の大合唱!!(笑)
それはそれは喧しい…楽しい合唱コンクールを聴くことが出来ます!!

 

●追加エピソード1:LOST IN NIGHTMARES
クリス&ジル
ダウンロードコンテンツ第1弾が配信された2010年3月、巷はホワイトデー一色だったので、
クリスがジルにアイテムを渡す度、上のような微笑ましい(?)光景が浮かんでおりましたw
ジル :「Thanks!」
クリス:「あっ、いや、そんな大したお返しじゃないんだけど…」
ジル :「I owe you one!(借りができたわね!)」
クリス:「そっ、そんなに喜んでもらったら照れるなぁ…」
ジル :「Don't be reckless!(無茶しないで!)」
クリス:「………えっ?!」
ジル :「You're ok?(大丈夫?)」
クリス:「ジル………」
ハンドガンの弾を喜んで受け取ってくれるのは嬉しいですが、何度も大声でお礼を言われると…
感謝の言葉が正反対の意味に聞こえてきちゃいます;




posted by 飛ぶ猫 at 2012年03月04日 | 電脳漫遊記 XBOX360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

LEFT 4 DEAD 1・2 (Xbox360)

2008年11月と2009年11月に発売されたLEFT 4 DEADシリーズ、面白すぎてマジヤバイ!!
ウイルスに感染し凶暴化したどえらい数(数百体?)の感染者たちが全力疾走で追いかけてくるわ、
特殊な能力を持った感染者たちのトリッキーな攻撃に翻弄されるわ、外国人プレイヤー(多分子供)の
身勝手な行動に振り回されるわ、ON/OFF共にそれはそれはエキサイティングでスリリング!!www
節電モードの今年の夏の夜は、サバイバルホラーゲーム『LEFT 4 DEAD』で涼しくなりましょう♪

Left 4 fingers
本作に登場する感染者たちは、ウイルスに冒されただけの生きた人間なので、
理性は失っても運動能力は全く失われておらず、生存者を見つけると全力疾走で突進してくる!!
中でも、特殊な能力を持った特殊感染者たちは、雑魚ゾンビをおびき寄せる胆汁を吐き散らしたり、
一瞬で生存者に襲い掛かりタコ殴りしてきたり、長い舌で遠距離から生存者を引きずり込んだりと、
仲間の協力無くしては絶対に生き延びることができないという内容に仕上げられている。

Hunter
特殊感染者たちの中で特にお気に入りだったHunter(ハンター)。
パーカーのフードを深く被り、四つん這いで駆け回る姿が
犬っころみたいで可愛いんですよねー!!wwwwwwwww
特徴的な甲高い雄叫びも素敵♪「らぁぁぁぁぁぁぁぁい!!」


posted by 飛ぶ猫 at 2011年08月12日 | 電脳漫遊記 XBOX360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

SILENT HILL:HOMECOMING (Xbox360)

2008年9月にアメリカで発売されたSILENT HILL:HOMECOMING(サイレントヒル ホームカミング)。
一部のイベントに残虐な描写が含まれているため、日本国内での発売が中止となったこの曰く付きゲームを
昨年のクリスマスに友人からプレゼントされまして、英辞典片手にコツコツとプレイしました!!

いや〜、マジ大変でした。字幕もセリフも全て英語なので、謎解きがチンプンカンプン。
もうアカン!!クリアは無理!!と、コントローラーを投げ出してネットへ逃避行していたら、
『サイレントヒル ホームカミング攻略@WIKI』なる日本語攻略サイト様を発見!!
いや〜、ホント助かりました。お陰様で、全てのエンディングをクリア!!実績も全て解除出来ました!!
(ENDINGS→HAPPY/DROWNING/BOGEYMAN/HOSPITAL/UFO/SMILE)
まことに有り難うございました。m(_ _)m
そして大変お世話になりました。m(_ _)m

Joshua Shepherd
物語の鍵となる主人公アレックスの弟ジョシュア。と、うさぎの人形ロビー君。
可愛い弟のため、不気味な穴に手を伸ばし、まさかのボタン連打で腕がもげそうになりながらも
必死でロビー君人形を探してきたのに、何故か受け取ってくれなっかたマイ・リトル・ブラザー…。
なんか…とても悔しかったので、無理矢理ロビー君人形を押しつけられたジュシュアを描きましたwww


Robbie Toy  ああ、そうか!!
 ジョシュアがロビー君人形を
 受け取ってくれなかったのは、
 薄汚れて…“血まみれ”
 だったからだね(^▽^)/☆♪
 ……違うかっ???!!!


<余談ですが…>
UFOエンディングをクリアしてGETした隠し武器Laser Pistol(光線銃)は、
弾無制限で威力最強!!HARDモードをクリアする際に大変心強かったです!!


posted by 飛ぶ猫 at 2011年07月01日 | 電脳漫遊記 XBOX360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲Page Top▲
らくがきした人
飛ぶ猫(flyingcat)
名前:飛ぶ猫(flyingcat)
お絵描き使用ツール:
IllustStudio mini・GIMP2.8系・WACOM Bamboo Comic CTH-461/S1

本館へのご案内:
フィギュア写真劇場、キャラを料理に見立てた珍コーナーなどパロネタだらけのサイトです♪拍手のお礼もこちらでしております!
   
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。