2009年08月30日

FRONT MISSION 1st (SFC・PS)&2nd(PS)

●初プレイは3日で挫折;
FRONT MISSION(以下、FM)を初めてプレイしたのは、1995年発売のスーパーファミコン版。ところが、地獄の壁と呼ばれる強敵部隊を倒すことが出来ず、3日で挫折;以来、FMは超苦手なゲームとなってしまいました。しかし、2年後の1997年。PS版でセカンドソフトが発売されることとなったのですが、地獄の壁の前に無惨に敗北したトラウマが抜けず、全く見向きもしませんでした。そんなある日、某大型電器量販店のゲームフロアをウロついていましたら、体験機でFM2をプレイしているお兄さんを発見。まぁ、先述のトラウマもあり、全く買う気はなかったのですが、PS版になってどれだけビジュアルが上がったのか見てやろうと覗き込むと…、あらまびっくり!キャラクターが、めちゃくちゃカッコイイではありませんか!それにしても、この絵何処かで見たことがあるなぁ〜と、パッケージを手に取って、キャラデザをチェックすると…、二度目のあらまびっくり!飛ぶ猫の尊敬する末弥純(すえみじゅん)画伯ではありませんか!!これは地獄の壁だのトラウマだのと四の五の言ってる場合ではない!今すぐプレイしなくては!と、即決・即買い;で、見事にハマリました(笑) 末弥さんの美麗キャラは言うまでもなく、切ないシナリオとBGM、何もかもが飛ぶ猫のハートを鷲掴みしました。特に夢中になったのが、本シリーズの特徴でもあるヴァンツァー(人型ロボット)のセットアップ。両腕、胴体、脚を自在にカスタマイズ出来るシステムはSFC版でも同様だったのですが、ドット絵(2D)からフルポリゴン(3D)となったことで、戦闘時のビジュアルが格段に向上!自分好みにカスタマイズしたヴァンツァーが、戦場でバッタバッタと敵をなぎ倒す爽快感は、最高にスカっとします!
ちなみに、本シリーズのプロデューサーは、アークザラッド1、2を手掛けた土田俊郎氏です。バトルシステムや大円団で終わらない衝撃的なシナリオ展開など、驚くほど似てますので、Arcファンの方も是非、一度、お試しあれ♪

地獄の壁
補足:3日で挫折してしまったSFC版FMですが、2003年に発売されたPS移植版・FRONT MISSION 1STはクリアしました。と言うわけで、SFC版のリベンジはしっかり果すことが出来ました( v ^ - °)ぶぃ♪

●孤高の戦士に一目惚れ
FMシリーズは、各ユニットがファイター (格闘攻撃)、アタッカー(近距離攻撃)、ガンナー・ミサイラー(遠距離攻撃)の職種に大別され、経験値を上げることで、それぞれにあったスキルを取得していきます。スキルは、戦闘中ランダムに発動し、敵に与えるダメージを増加させたり、回避率を上昇させて戦闘を有利に運んでくれる、いわばご褒美?みたいなシステム。そのランダムなシステムが、面白いように発動し、強大な敵を一撃で張り倒してくれたのが、FM2に登場する孤高の戦士、ロッキー・アーミテジという男。褐色の肌に、細身で長身の体型からは想像出来ませんが、彼は格闘攻撃を得意とする生粋のファイター。メンバーの中には、格闘能力にだけ特化した、見るからに体育会系のおっさんキャラが何人かいるのですが、彼の格闘能力はダントツ!そして、気のせいかも知れませんが、スキルの発動率がメンバー1高いんです。以下の4つのスキルを早めに取得してセットしておけば、もう怖いもんなしです!
●マシンガンブロー(最大4発の連続パンチを繰り出すロッキー固有のスーパースキル)
●ファースト(必ず先制攻撃ができる)
●ダブルパンチ(往復ビンタ)
●クリティカル(攻撃力上昇!)
この4つのスキルが見事連鎖すれば、どんな敵もイチコロ♪ファーストスキル(先制攻撃)が出れば、自分はかすり傷ひとつ受けません♪

孤高の戦士
シナリオ中盤の突然のカミングアウトには、大変驚きましたが、主人公の名前をリアル・ファーストネームに変えてプレイしていたゲームマスター・友人K(♂)は、複雑な面持ちながらも、彼からの禁断の告白を素直に受け止めておりました。偉いっっっ!

●架空の企業 JADEMETAL-Lyman
FMの世界には架空のヴァンツァーメーカーが多数登場します。中でも、飛ぶ猫を魅了したのが、JADEMETAL-Lyman(ジェイドメタル・ライマン)社製のゼニス・シリーズ。ゼニスは、FMシリーズを代表する機体で、1st最強の機体にして、2nd最初の機体。下の絵を見て下さい。丸形の頭部が、なんだか…人間っぽくありませんか?しかし、そこがいいんですよねぇ〜(*^_^*)デヘヘ←ロボマニア全開;それに、“JADEMETAL”って響きも、ロックっぽくて好きです(笑) 故に、飛ぶ猫がプレイするFM全シリーズの主人公たちは、皆、強制的にゼニスに搭乗させています;

ゼニス
実に数10年ぶりのロボらくがき(^_^;) 初ロボらくがきは、『1stガンダム』でした;遙か遙か…昔のことです…(-_-;)

●新生『FRONT MISSION』始動!
飛ぶ猫待望のFMシリーズの最新作『FM EVOLVED(エボルヴ)』が、XBOX360に登場!ゲームの詳細は殆ど不明ですが、XBOX LIVE(オンラインコミュニティ)で配信された最新映像によると、新型ゼニスらしきヴァンツァーも登場し、ヴァンツァーを操作してミッションに挑むTPS(三人称視点)となることが判明。従来のターン制シュミレーションでなくなるのはちと残念ですが、自由度の高いヴァンツァーのカスタマイズは健在!
プロデューサーは、シリーズ初代から携わる橋本真司氏。世界観監修には、シリーズの生みの親・土田俊郎氏。開発は、『Silent Hill Homecoming』などを手掛けたアメリカのデベロッパーDouble Helix Gamesが担当。


posted by 飛ぶ猫 at 2009年08月30日 | 電脳漫遊記 PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

おーっほっほっほっ!今日は私の誕生日ですの!

●じゃじゃ馬お蝶夫人?!〜エースをねらえ!風〜 (アンリエッタ)
じゃじゃ馬お蝶夫人?!〜エースをねらえ!風〜
お蝶夫人ではなく、ロシュフォール家のアンリエッタ嬢です;
本家のお蝶夫人と何処が違うか?髪の色と前髪が微妙に違います(笑)


posted by 飛ぶ猫 at 2009年08月18日 | Arc The Lad その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

トッシュ誕生日おめでとう!!

本日、8月12日はトッシュのBirthdayということで、トッシュのらくがきを3枚描いてみました〜♪

●影法師 (トッシュ)
影法師
トッシュの足下って、確かブーツだったと思うんですけど…
「やっぱ侍は、素足に雪駄が一番っす!!!」(笑)

●ロマリアトンネル前にて (トッシュ+シュウ)
ロマリアトンネル前にて
「うぉぉぉ〜!だぁぁぁ〜!俺がトッシュだぁぁぁ〜!ロマリアの兵隊ども出て来やがれ〜!」
と、ロマリアトンネルに突っ込む直前のトッシュとシュウです。(笑)

●前略、道の上より (トッシュ)
前略、道の上より
タイトルを見て、何人の方に元ネタを分かっていただけるかしら?www
遙か昔、道の上で踊っていた方たちがモデルなんすけど………;


posted by 飛ぶ猫 at 2009年08月12日 | Arc The Lad トッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲Page Top▲
らくがきした人
飛ぶ猫(flyingcat)
名前:飛ぶ猫(flyingcat)
お絵描き使用ツール:
IllustStudio mini・GIMP2.8系・WACOM Bamboo Comic CTH-461/S1

本館へのご案内:
フィギュア写真劇場、キャラを料理に見立てた珍コーナーなどパロネタだらけのサイトです♪拍手のお礼もこちらでしております!
   
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。